一般社団法人猟協

100年後の日本の自然を豊かなものに

ジビエ広域搬入実証実験事業

低温保冷車が納車!!

低温保冷車が納車!!

皆さんいよいよ低温保冷車が納車されました事を報告させていただきます。これから架装業者にて改造や板金塗装会社がカスタマイズを随時行って行きます。

このご時世に短期間でよく新車を入手できましたね。。。ちなみにスズキではなくD社だったら終わってましたねwww

しっかりと国の事業であり、公の利益となる実験であることを関係各所にお伝えし、私たちの想いに答えていただき特別に短期間で納めていただくことが実現しました。やはり全国で問題になっている「鳥獣害」に関しては昨今のメディア報道過熱により多くの方々に認知されつつあると感じています。

確かに弊社への問い合わせや取材依頼も殺到していますね。拡散力のあるインフルエンサーなどからも注目されていますので、消費者の認知が購買行動につながりジビエの消費が拡大すればいいですね。

まもなく宇陀市にも最新鋭の獣肉処理施設が完成しますので、この事業と合わせて認知していただけるとありがたいですね。

具体的にどのようなカスタムを実施するのですか?

まずは、荷室架装装置の取り付けとリフトアップ、及び牽引装置の取り付けとなりますね。その後、塗装会社さんへ搬送します。

架装業者さんの実車採寸の様子

塗料は遮熱塗料を選択しました。ロックペイントさんの塗料で色調も可能であり十分なエビデンスがある塗料を選んでいます。

※ロックペイント社パンフレットより抜粋しています

国土交通省のNETIS(新規技術提供システム)登録商品なんですね。これは効果が出そうで安心です。

ちなみに少しだけ図面を公開しておきますね。結構本格的なのですよ!

架装業者と何度も打ち合わせを行い、まだまだ改良をしていきますが良いものが出来そうですよ。

今回のレポートは以上です。次は実際に改造を行なっている作業風景などをレポートしますのでお楽しみに♪

ということで、最後までご覧いただきありがとうございました。出来ましたら、この事業をリポートしていただける拡散力のあるメディアさんを大募集しております。(テレビ、新聞、YouTuber、SNSインフルエンサー)ご興味がございましたらこのWEBサイトにあります問い合わせフォームよりお問い合わせください。宜しくお願い致します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

5 × four =