一般社団法人猟協

100年後の日本の自然を豊かなものに

SDGsの取り組み

【業務提携】猟協九州組織化へ向けて合意 3月8日

【業務提携】猟協九州組織化へ向けて合意 3月8日

「猟協組織拡大に向けて新たなステージへ」

次年度の会員拡大、事業拡大、食肉流通システム構築、地域振興事業など複合的な地方創生に向けて熊本県イチノセ・ファーム株式会社(代表取締役一瀬雄大)と業務提携を結んだ。猟協九州は今後「半猟半農」をキーワードに「ライフスタイルパッケージ」を提案し、中山間地域での移住者の深刻な問題を解決し、移住者定着のモデル化を目指す。

今後「東北、北陸、東海、四国」での提携事業者を募集する。猟協の会員組織は昨年9月より募集を開始したが、全国レベルでのサービスを拡大するための地方事務局としても機能する。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

eleven − four =