一般社団法人猟協

100年後の日本の自然を豊かなものに

SDGsの取り組み

【茨城県東茨城郡城里町「かわはぎ君」実演講習会】2月9日

【茨城県東茨城郡城里町「かわはぎ君」実演講習会】2月9日

茨城県東茨城郡城里町の「かわはぎ君」実演講習会に講師として行ってきました。

東茨城郡城里町では、農山漁村振興交付金を活用して、農作物に被害を及ぼしているイノシシを駆除するだけではなく、肉の商品化ならびに皮の商品化を検討されており、地域おこし協力隊、地元猟友会の方々が中心となって取り組んでおられます。商品化のためのアドバイスは、東京農業大学 農山村センターに委託し共同で実施されています。

現在、東日本大震災による放射線量の影響でイノシシの出荷制限規制がある中、食肉処理施設建設に向けた準備も積極的に進めておられます。

特に今後特産物として皮革製品に力を入れていきたいと考えられておられ、地域おこし協力隊の方々がイノシシ革の商品化に向けた取り組みを進めておられます。
「女性でも皮剥をしやすくする方法はないか?」「皮剥後に残る肉や油の除去を効率的に行うことが出来ないか?」と言う課題を持たれておりました。

そんな中「かわはぎ君」のお問い合わせいただき、この度導入させて頂きました。この「かわはぎ君」、慣れれば解体経験値のない方でも1頭10分~15分で処理出来るという優れもの。
とは言っても触ったこともない方であれば、最初はなかなかコツが要ります。

講習では使用方法、注意ポイントなど少しご説明し、あとは実践して頂きましたが、普段ナイフでの皮剥ぎをされているだけあって、皆さん経験者のように使いこなされておりました。

実際に講習会後で、使用した感触を確認したところ「皮を剥ぎやすい」「肉片や脂除去にも使える」「慣れれば効率的」という好評価を得ることが出来ました。
ただ「個体の大きさによって刃を交換できれば・・・」というご意見も頂きましたので、今後の改良材料として生かしていきたいと思います。

全体的には非常に良い反応を頂くことが出来ました。
捕獲個体の皮剥ぎに課題を持たれておられる方は、是非一度ご相談ください。

動画などはコチラからご覧ください「(株)TSJリンク」↓

https://www.tsj-hunter.com/blank-1

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

four × 5 =